テリジノサウルス

特徴

2007年第3紀から登場
ディノニクスパキケファロサウルスに並んだ3体目のシークレット恐竜。
アニメ放送後に登場したので、2007第1紀のディノニクスより人気が出た一枚。
2007第4紀ではまもりタイプとして登場し、シークレット恐竜の唯一の弱点の体力の低さを克服した。
テクニックがつよさ1000の恐竜と同じ1000なので全ての技を使いこなす事ができる。
また、テクニック表記がある技をカスタムすると専用の技を発動する事ができるのは他の面々と同じ。
専用超わざは同じ手を2回出す事により、2回押した手に秘密超わざがつく。

解説

化石はかなり部分的だが近縁種の研究などから8~11メートルほどの比較的大型な恐竜だったとされる。
当初は腕の化石しか見つからなかったため様々に推測され、「とても巨大なティラノサウルスやアロサウルスのような恐竜ではないか?」という説もあったという。
名前の由来でもある大きな爪は70cm~90cmにもおよび、その爪を使って小さい昆虫を掘り起こしたり草をかき集めたりして食べていたと考えられている。
 
この仲間は古竜脚類に似た点と獣脚類に似た点とを併せ持つため分類が難しく、議題に挙がることも少なくなかったが、その後の研究で獣脚類の1グループに含まれることがわかった。
 
中国で発見されたテリジノサウルス科の恐竜ベイピャオサウルスは羽毛恐竜として知られており、本作のセグノサウルスやテリジノサウルスが羽毛に覆われているのはこれが由来と思われる。
ただしこの仲間で明確に羽毛があった事が確認されているのは現在ベイピャオサウルスのみであり、あくまでイメージでしかない。
 

側面に腕を広げて鳥が羽ばたくような動きをするとも考えられており、これがゲームでの登場シーンとなる。
これはわざカードの百烈ビンタに登場するセグノサウルスの登場シーンに似たものとなっている。

目覚めよ!新たなる力!!第4紀ではスーパーテリジノサウルスがシークレットカードとして登場する。
エレメントフュージョンをすると従来の体の色に虹色が混ざった色に変化する。
一応シークレットカード扱いされているが、過去のシークレットと違って公式HPのカード一覧表に記載されている。
ちなみ第3紀に登場したカードには攻撃力が設定されていたが今回の攻撃力はすべて???表示になっている。

能力

つよさ 属性 名前の意味 ショルダーネーム タイプ
2000 大きなかまを持つトカゲ 巨大な鉤爪 カウンター・まもり
はっくつ地 英名 生きていた時代
モンゴル Therizinosaurus テリジノサウルス テリジノサウルス科 白亜紀後期
体長 体重 食事 種類 系統
約8~11m 肉食 獣脚類 コエルロサウルス類
亜目 上目 下目
竜盤目 獣脚亜目 コエルロサウルス類 恐竜上目 テタヌラ下目
グー チョキ パー テクニック 必殺技
620 540 540 1000 グー

古代博士のかいせつ
前足に大きなかまのようなつめを持っている。つめの長さは70cmくらいあった。

ゲームでの歴史

2007年第3紀:シークレットカードとして登場
2007年第4紀:まもりタイプに変更されシークレットカードとして登場
目覚めよ!新たなる力!!第3紀:あいこまもりタイプに変更されシークレットカードとして登場
目覚めよ!新たなる力!!第4紀~5紀超Ω:スーパー恐竜としてシークレットカードで登場
目覚めよ!新たなる力!!第6紀ハイパーバトルミュージアム:ふっかつタイプとして限定登場

アニメ

Dr,ソーノイダの育てたシークレット恐竜として第28話:第二のシークレット恐竜に登場
パキケファロサウルスを甘やかしたせいか、異常なほどのスパルタ教育を行った。
そのため、成体化してもソーノイダの事を恐れるも、再会したときには感動の涙を流した。
爪を使った攻撃が得意で、カルノタウルスパラサウロロフスを圧倒し、トリケラトプスも苦戦を強いられた。
得意技はネイルブレード・ジャイロスラッシャー・デンジャラスクロウ(劇中未登場)
ヒルズから落ちて地面に叩きつけられた衝撃でカードに戻った。

第1期第49話に再登場し、超わざであるジャイロスラッシャーを混ぜて、超合体技を発動した。

  • 最終更新:2018-03-19 15:39:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード